So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今朝の記録ーホトトギス(NO1988) [渡ってきた夏鳥]

2020年5月28日

湿った暖かい空気から一転、乾いた風が吹く沼べりです。しのぎやすい1日に

なりそうです。

谷津の林を行き来するホトトギス。いくつかの谷津の尾根を一気に飛びます。

その中に突き出たスギの高木が。何故かそのスギの梢を好んで止まって、

声を響かせます。


DSCN8436 (2) (640x480).jpg


DSCN8471 (3) (640x481).jpg


DSCN8515 (3) (640x481).jpg

飛び立つホトトギス
DSCN8517 (3) (640x506).jpg


DSCN8518 (2) (640x508).jpg


DSCN8367 (2) (640x461).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーアマサギ、キビタキ(NO1987) [その他の記録]

2020年5月27日

朝のうち時々霧雨が降る沼べり。徐々に雲が切れ明るくなった。

薄暗い沼岸の疎林に1羽のサギらしき鳥影です。よく見るとオレンジ色の羽

がありアマサギであることがわかる。

薄暗い林の中、今朝も樹間を低く移動するフクロウが健在でした。子育て中

のようで、比較的明るい林に出没します。そしていつものキビタキが健在です。

DSCN8227 (2) (640x487).jpg


DSCN8228 (2) (640x468).jpg


DSCN8260 (2) (640x526).jpg


DSCN8305 (2) (640x480).jpg


DSCN8274 (2) (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーフクロウ、ホトトギス(NO1986) [その他の記録]

2020年5月26日

日中はどうにか持ちこたえそうな空模様です。ホトトギスの声を聴きながら林の中へ。

尾の長い夏鳥の情報を聴き、林の奥へ行く。暫し様子見をするもその気配はなし。

あきらめて移動しようとしたとき、前方のスギの幹の向こうに現れたのはフクロウでした。

落ち葉の中の小動物を狙っているようです。迷惑顔で睨まれ直ぐに退散することに。

林縁部、上空を鳴きながら飛ぶホトトギス、スギの梢にとまり再び鳴き続けています。

DSCN8166 (640x492).jpg


DSCN8182 (640x518).jpg


DSCN8197 (2) (640x500).jpg


DSCN8215 (2) (640x480).jpg


DSCN8220 (2).jpg


DSCN8043 (2).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナ、キビタキ、ホトトギス飛翔(NO1985) [その他の記録]

2020年5月25日

重苦しい曇天の空がどこかへ去って、昨日今日と気持ちの良い青空が広がる

沼べりを行く。

最初は、アシハラ際の草地に動く黒い鳥影、ヒクイナの出現です。この時期雛を

連れる親子の姿を見ることがあるので、しばらく様子見するも期待は外れる。

次は、林のキビタキ、若いキビタキが盛んに鳴き続けます。飛び去った後、すぐ

そばでこのあたりを縄張りとする思われるより色鮮やかなキビタキが様子見する。

林を抜けて林縁部へ、谷津の尾根から尾根へ飛び移るホトトギスです。

上空、思った以上に高い所を、鳴きながら一気に飛んで行きます。


DSCN7794 (640x480).jpg


DSCN7805 (2) (640x504).jpg


DSCN7809 (2) (640x526).jpg

若い方のキビタキ
DSCN7837 (2) (640x506).jpg


DSCN7867 (2) (640x497).jpg

すぐそばにいたより色鮮やかなキビタキ
DSCN7915 (640x480).jpg


DSCN7921 (2) (640x503).jpg


DSCN7926 (2).jpg


DSCN7935 (2) (640x530).jpg
nice!(1)  コメント(0) 

今朝の記録ーホトトギス、サシバ、ハジロカイツブリ(NO1984) [渡ってきた夏鳥]

2020年5月24日

久しぶりに太陽の日差しの下、気温も一気に上がり汗ばむくらいの陽気の沼べり。

いつも声だけのホトトギス、ようやく台地のスギの梢にその姿を見せてくれました。

しばし声を響かせると、今度は羽繕いをする。

台地を下り耕地へ向かうと、サシバが採餌を終えたのだろう余裕の羽繕いをする。

追記ー前日、この時期では見かけない換羽中のハジロカイツブリに出会いました。

独特の声を響かせるホトトギス
DSCN7585 (3) (640x480).jpg

羽繕いするホトトギス
DSCN7692 (2) (640x480).jpg


DSCN7675 (2) (640x480).jpg


DSCN7751 (640x510).jpg


DSCN7715 (2) (640x480).jpg


DSCN7768 (2) (640x485).jpg

夏羽に換羽中のハジロカイツブリ
DSCN7347 (640x480).jpg


DSCN7361 (2) (640x483).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーフクロウ、キビタキ、サシバ、ヒクイナ(NO1983) [その他の記録]

2020年5月22日

曇天の日が続く沼べり、青空が待ち遠しい今朝の沼べりです。

林の中、いつものようにキビタキの声が響きます。声につられて奥に進む。

樹間を低く飛ぶ鳥影、薄茶色の大きな飛翔体。久しぶりのフクロウの出現。

落ち葉の地面に顔を真下に向けて今にも飛び出しそうな態勢です。

音もなく降下しそのまま姿を消しました。

沼べりへ向かう途中の耕地にはサシバ、岸辺に陸揚げされた小舟の舳先には

ヒクイナがあたりの様子見をする。


DSCN7303 (640x480).jpg


DSCN7304 (640x480).jpg


DSCN7299 (2) (640x484).jpg


DSCN7260 (640x480).jpg


DSCN7283 (640x480).jpg


DSCN7221 (640x505).jpg


DSCN7191 (640x507).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーキアシシギ、キョウジョシギ、チュウシャクシギ、クロハラアジサシ(NO1982) [渡ってきた夏鳥]

2020年5月21日

冷たい北東の風が吹く沼べり。シギ類の様子を見に開けた耕地へ向かう。

ムナグロの群れはすでに移動した様様で、少し伸びた稲田に15羽ほどの

キアシシギ、そしてキョウジョシギ、チュウシャクシギがまだ健在でした。

湖面上空を旋回するクロハラアジサシ、時々急降下して波紋を立てています。


DSCN6808 (640x469).jpg


DSCN6821 (640x480).jpg


DSCN6832 (640x485).jpg


DSCN6689 (640x473).jpg


DSCN6718 (640x480).jpg


DSCN6751 (640x497).jpg


DSCN6772 (640x480).jpg


DSCN6932 (2) (640x486).jpg
nice!(2)  コメント(2) 

今朝の記録ーホトトギスの声、サシバの採餌(NO1981) [渡ってきた夏鳥]

2020年5月17日

昨夜の雨も上がった沼べり。薄いもやが立ち込めていたものの、日が昇るに

つれて晴れ上がり気温も急上昇する。

南岸斜面林にホトトギスの声を聴く。例年に比べてやや早めの渡来になります。

開けた耕地では、サシバが獲物を狙って電柱にとまる。突然降下し、獲物をゲット。

再び電柱へ戻り田圃をにらむ。


高木の繁みの中で独特の声で鳴くホトトギス(姿は見えず)
スナップショット 1 (2020-05-17 13-36).png


DSCN6353 (2) (640x483).jpg


DSCN6366 (640x480).jpg


DSCN6337 (2) (640x480).jpg


DSCN6340 (2) (640x501).jpg


DSCN6373 (2) (640x493).jpg


DSCN6393 (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーキアシシギ、キョウジョシギ、ムナグロ(NO1980) [渡ってきた夏鳥]

2020年5月15日

今朝は開けた耕地へ直行する。5月も半ば、風にそよぐ早苗もシギたちが

隠れるくらい育ちました。心地よい南風が吹く田んぼに、少しだけその数を

増やしたキアシシギ、キョウジョシギ、そして比較的数の多いムナグロが健在

でした。

追記ー5月2日に確認したコミミズク、その後姿を見ることがありません。

北の地へ無事帰ることを祈ります。


DSCN5216 (2) (640x485).jpg


DSCN5506 (2) (640x512).jpg


DSCN5415 (2) (640x480).jpg


DSCN5593 (2) (640x487).jpg


DSCN5620 (2) (640x518).jpg


DSCN5879 (2) (640x513).jpg


DSCN5149 (2) (640x480).jpg


DSCN6161 (640x480).jpg


DSCN6172 (640x449).jpg


DSCN5800 (2) (640x495).jpg


DSCN5811 (2) (640x483).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーコブハクチョウの雛その4、コアジサシ、キビタキ(NO1979) [渡ってきた夏鳥]

2020年5月13日

暖かい朝を迎えた沼べりです。ほとんど風はなく静かな佇まい。

このあたりでは最後の雛の巣立ちです。1羽の雛を大事そうに見守っていました。

沖の漁網杭にとまる2羽のコアジサシです。口を開き暑さをしのいでいるようです。

風がないのでなかなか飛び立ちません。

林の中、キビタキの声に誘われて期待の夏鳥を待つも、その主は現れず。


DSCN4503 (640x480).jpg


DSCN4514 (640x480).jpg


DSCN4737 (2) (640x456).jpg


DSCN4691 (2) (640x504).jpg


DSCN4747 (2).jpg


DSCN4551 (640x506).jpg


DSCN4633 (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -